プレスリリース

新日本法規出版、リーガルテック領域でDXを加速するカスタマーサクセスを目指しGainsight(ゲインサイト)を採用

-カスタマーサクセスパッケージ「Gainsight Essentials」と活用・定着化支援のオンボーディングプログラム「Accelerator」を利用し短期間で最適なカスタマーサクセスプロセス構築を目指す-

世界シェアトップのカスタマーサクセスプラットフォーム​Gainsight(日本法人:東京都港区、代表取締役社長  絹村 悠​​)は、新日本法規出版株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:星謙一郎、以下「新日本法規出版」)がDXを加速し、持続的な事業成長を支えるカスタマーサクセスソリューションとしてGainsightを採用したことをお知らせします。新日本法規出版は、世界標準のカスタマーサクセスプロセスに必要な機能をパッケージ化した「Gainsight Essentials」とカスタマーサクセス立ち上げのためのオンボーディングプログラム「Accelerator」を利用することで、短期間での最適なカスタマーサクセスプロセスの構築を目指します。

◾️採用経緯、課題
ITの活用で既存産業に新たな価値や仕組みを提供する領域分野として、リーガルテック(法務×テクノロジー)の重要性に注目が集まっています。法規関係を中心とした書籍、専門家向けから一般向けの法律書籍の出版事業、情報提供事業を展開する創業75年の新日本法規出版は、DX時代に求められる法務の変革推進として、自社が提供する商品のデジタルシフトと新規事業開発を進めています。近年、新日本法規出版は、クラウド型の定額サブスクリプションサービス「LEGAL CONNECTION(リーコネ)」、AI搭載の規程管理ツール「スマート規程管理」、法律事務所業務管理ツール「Trustice」など次々とリリースしています。

こうしたクラウド型サービスの利用促進のため自社内にカスタマーサクセス組織を立ち上げ、お客様さまのオンボーディング対応に注力しています。サービスを継続的に活用いただくには、オンボーディング自体の効率化と標準化を実現すること。また、オンボーディング後にお客さまと計画的な接点を持ち、サービス価値を訴求することが必要であると考えていました。こうした課題を解決するため、顧客体験の向上に貢献するカスタマーサクセスのプロセスを構築するノウハウを持ち、短期間で運用開始が可能なオールインワン・プラットフォームを提供するパートナーとして、Gainsightの採用を決定しました。

◾️選定理由
下記のポイントがGainsight選定の理由となりました。

・カスタマーサクセスの業務プロセスを実行するために必要な機能を全て兼ね備えている
・Gainsight社のノウハウ、ベストプラクティスを自社の業務プロセスに落とし込んで、理想的な業務プロセスを回すことができる
・導入後も、GainsightのCSMから支援を受けることにより、業務プロセスを常に進化させることが可能である

◾️今後の展望
今後も新たなデジタルサービスのリリースを予定しており、お客さまの業務DX推進と事業成長に貢献できるよう、Gainsightの活用を進めていく予定です。

◾️新日本法規出版株式会社 取締役テック営業局長 本多 誠 氏のコメント
新日本法規出版は、法令情報専門のメディアとして価値ある情報を迅速かつ正確に、最適な方法でお届けし続けるとともに、情報事業に留まらず、時代の変化やニーズに応じた新たな価値・サービスを世に生み出し続けることこそが、私どもの果たすべき役割であると考えております。法律分野におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を目指した新たな法務サービスの提供と併せ、これからは、Gainsightを活用したきめ細やかなカスタマーサクセス活動を実現し、さらにお客様のビジネス成長をご支援できるよう進化を続けてまいります。

◾️Gainsight株式会社 代表取締役社長 絹村 悠のコメント
この度、新日本法規出版様におけるカスタマーサクセスの高度化に関する取り組みにおいて、Gainsightをご採用いただき大変光栄でございます。カスタマーサクセスは、一部の組織が担うものではなく、組織全体で戦略として取り組むことで企業の新しい成長エンジンになります。新日本法規出版様が、カスタマーサクセスパッケージ「Gainsight Essentials」と活用・定着化支援のオンボーディングプログラム「Accelerator」を通して、カスタマーサクセスの活動を高度に実践することで、顧客の成功とともにビジネス成長を実現することに貢献してまいります。

※参考
Gainsight、カスタマーサクセスパッケージ「Gainsight Essentials」と活用・定着化支援のオンボーディングプログラム「Accelerator」を日本で提供開始(2023年9月27日リリース発表)
https://www.gainsight.co.jp/news/20230927-essentials-accelerator/

新日本法規出版株式会社について
1948年(昭和23年)創業。法規関係書籍を中心とした出版事業を通じて、政治、法律、産業、経済の各分野のビジネスパーソンに法律情報の提供を行っています。法令情報専門のメディアとして価値ある情報を迅速かつ正確に、最適な方法で届けるとともに、情報事業に留まらず、時代の変化やニーズに応じた新たな価値・サービスを世に生み出し続けることをミッションとして、「法律実務の課題を解決する」「法律業務を支援する」デジタルサービスの開発・提供を進めています。詳細についてはこちらをご覧ください。
https://www.sn-hoki.co.jp/company/

Gainsight(ゲインサイト)について
Gainsightは、カスタマーサクセス、製品体験、コミュニティエンゲージメントに焦点を当てた業界随一のカスタマー・サクセス・プラットフォームを提供し、あらゆる活動の中心にお客様を据えたヒューマン・ファーストの活動を可能にします。豊富なデータ分析により、リスクのある顧客を特定し、 課題を解決するための体系的なプロセスを構築し、さらに、データ・ドリブンのエンゲージメントにより顧客の成果を追跡、分析、自動化することで、企業の製品活用を高め、解約率を低減すると共に製品適用範囲の拡大により、企業のビジネス成長を加速します。GE Digital、SAP Concur、Boxなど多くの企業にGainsightを活用いただいています。詳細についてはこちらをご覧ください。
https://www.gainsight.co.jp/

関連するコンテンツ

  • メディア掲載
2023.12.25

週刊BCN | 新連載第1回目の外資系ベンダーとしてGainsightを特集!

Gainsightが週刊BCNの新連載「ITベンダーのGo To Market戦略」の第1回目に取り上げていただきました。日本のお客様に対してどのようにプロダクトのバリューをお届けするのか、弊社代表絹村からご説明させていただきました。今後の日本市場でのパートナーエコシステムなどに踏み込んで回答しています。

続きを読む
  • プレスリリース
2023.12.19

新日本法規出版、リーガルテック領域でDXを加速するカスタマーサクセスを目指しGainsight(ゲインサイト)を採用

世界シェアトップのカスタマーサクセスプラットフォーム​Gainsight(日本法人:東京都港区、代表取締役社長 絹村 悠​​)は、新日本法規出版株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:星謙一郎、以下「新日本法規出版」)がDXを加速し、持続的な事業成長を支えるカスタマーサクセスソリューションとしてGainsightを採用したことをお知らせします。新日本法規出版は、世界標準のカスタマーサクセスプロセスに必要な機能をパッケージ化した「Gainsight Essentials」とカスタマーサクセス立ち上げのためのオンボーディングプログラム「Accelerator」を利用することで、短期間での最適なカスタマーサクセスプロセスの構築を目指します。

続きを読む