お知らせ

2024年 年頭所感

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

昨年は日本事業立ち上げの初年度として、私たちはまずは走り、日本のカスタマーサクセス市場において様々なプラクティスを学習しました。その過程で、カスタマーサクセスに情熱をもつ先人たちが日本の市場に築き上げた偉大な足跡と歴史に大きな感銘を受けました。

同時に、カスタマーサクセスが次に向かう方向性が見えた1年でした。それは「解約防止」というカスタマーサクセスが従来果たしてきた役割から、本来の目的である「顧客の成果」の実現を追求する役割への進化です。我々は常にこの実現に焦点を当てています。

事業面では、私たちを信じ、パートナーとして選んでくださったお客様と共に新たな一歩を踏み出しました。また、Human Firstの理念に共感し、共に事業を推進してくれるパートナー様との素晴らしい出会いもありました。

日本経済全体に視点を向けると、世界がポストパンデミック時代に移行し、人々の交流が再び活発になっている一方で、国際情勢は不安定化し、経済情勢も不確実性が高まっています。

この中で、顧客を成功に導き、一緒に事業を成長させる顧客視点の経営は、日本経済の再活性化に欠かせない考えです。我々はこれを実現するための鍵がカスタマーサクセスという理念と実践方法だと考えています。まだSaaS企業をはじめとした、一部の企業にとどまっている理念ですが、より多くの企業が実践的に取り入れられるよう、テクノロジーとナレッジの両面から支援を強化していきます。

そのためにも、今年はまず、我々を選んでくれたお客様に成果と成功を届けることが最優先の取り組みです。その上で、我々のお客様の成功という実践例を通して、日本の市場において本当の意味でのカスタマーサクセス浸透させていきます。

従来から存在する理念や文化を変えることはとても困難なことです。その難しさを乗り越えた先には、日本社会全体の働き方、ビジネスの向き合い方を大きく変化させ、社会の活性化に寄与する大きな可能性を秘めています。

我々は、この風穴を開ける1年として、カスタマーサクセスな皆様との新たな挑戦を楽しみにしています。

絹村悠

1978年生まれ。 大阪市立大学卒業後、 日本ヒューレット・パッカード(現日本HP)に入社。大手法人向け営業を経て、 BtoB Eコマース事業の事業リードとして、 デジタルマーケティングを中心としたリード獲得による顧客開拓から定着までのプロセスを実装。 その後、 2016年にTableau Japanに入社し、 中堅中小領域における営業部門の立ち上げから拡大を通し、 日本におけるデータ活用を中心に据えたデジタルトランスフォーメ ーションを推進。 直近では株式会社セールスフォース・ジャパンにて、 執行役員 Tableau事業部 コーポレート営業本部 本部長を務めた後、 2022年Gainsight株式会社に入社、 代表取締役社長に就任。

関連するコンテンツ

  • メディア掲載
2023.12.25

週刊BCN | 新連載第1回目の外資系ベンダーとしてGainsightを特集!

Gainsightが週刊BCNの新連載「ITベンダーのGo To Market戦略」の第1回目に取り上げていただきました。日本のお客様に対してどのようにプロダクトのバリューをお届けするのか、弊社代表絹村からご説明させていただきました。今後の日本市場でのパートナーエコシステムなどに踏み込んで回答しています。

続きを読む
  • プレスリリース
2023.12.19

新日本法規出版、リーガルテック領域でDXを加速するカスタマーサクセスを目指しGainsight(ゲインサイト)を採用

世界シェアトップのカスタマーサクセスプラットフォーム​Gainsight(日本法人:東京都港区、代表取締役社長 絹村 悠​​)は、新日本法規出版株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:星謙一郎、以下「新日本法規出版」)がDXを加速し、持続的な事業成長を支えるカスタマーサクセスソリューションとしてGainsightを採用したことをお知らせします。新日本法規出版は、世界標準のカスタマーサクセスプロセスに必要な機能をパッケージ化した「Gainsight Essentials」とカスタマーサクセス立ち上げのためのオンボーディングプログラム「Accelerator」を利用することで、短期間での最適なカスタマーサクセスプロセスの構築を目指します。

続きを読む