プレスリリース

Gainsight(ゲインサイト)が2023年Glassdoor の「Best Places to Work(働きがいのある会社ランキング)」で1位を獲得 (抄訳版)

カリフォルニア州サンフランシスコ(2023年1月11日)
Durable Growth™のプラットフォームであるGainsightは、2023年度の「Glassdoor Best Places to Work(働きがいのある会社ランキング)」で総合1位を獲得しました。従業員が選ぶ働きがいのある会社に関する本ランキングは、Glassdoor上で自分の仕事、職場環境、雇用主に関する企業レビューを記入し、自発的に匿名のフィードバックを提供する従業員の意見のみに基づいています。Gainsightは、Glassdoorで400件以上のレビューを得ており、総合評価は4.8です。レビュアーの99%がCEOのニック・メータを認め、96%がGainsightを友人に薦めると回答しています。

Gainsight Earns #1 Spot on Glassdoor’s Best Places to Work List for 2023 Image

GainsightのCEOであるニック・メータは次のように述べています。
「普通なら『賞を頂き恐縮するとともに ・・・』と言うところですが、これは本当にすごいことです。1200人以上のGainsightスタッフが、「ヒューマン・ファースト」に基づいて仕事に献身的に取り組んでいることの表れだからです。このような素晴らしい人たちと一緒に仕事ができることに、これ以上ないほど感謝しています。」

Gainsightの 「ヒューマン・ファースト」に基づくアプローチは、そのバリュー・ステートメントに反映されています。このような考え方と、社員の健康と成長を促すための数多くのプログラムや機会が、米国、ヨーロッパ、カナダ、インド、イスラエル、日本のチームメンバーからの信頼構築につながっています。

Gainsightのカスタマーサクセスマネージャーは12月にGlassdoorのウェブサイトで次のように述べています。​​
「Gainsightのパーパスは「ヒューマン・ファースト」の企業であることで、CEOのニックをはじめ、組織横断して全員が実践しています。これは、私が次の転職先を探す際に最も重視していたことで、ミッション・ステートメントの言葉だけでなく、会社全体で実際に体現されていると言えるので、とても嬉しく思っています。」

GlassdoorのCEOであるクリスチャン・サザーランド・ウォン氏は次のように述べています。
「昨年は、求職者と従業員にとって極度の高低差がありましたが、不確実性が増す雇用市場にもかかわらず、Glassdoorのデータは、優れた従業員体験を生み出すことに非常に注力している企業が存在することを示しています。2023年に向けて、従業員のメンタルヘルスとウェルビーイング、多様性と包括性、競争力のある福利厚生、柔軟な職場環境などを重視する企業が倍増していることは心強いことです。Best Places to Work(働きがいのある会社)受賞者全員に心からお祝いを申し上げます。」

Glassdoor では、現従業員や元従業員が自発的かつ匿名で、職場環境に関する洞察や意見を共有するために、企業レビューを投稿し、特定の企業での特定の仕事がどのようなものか、本物の内情を把握できるように設計されています。Glassdoor では、企業レビューを共有する際、従業員は、会社全体に対する満足度、およびキャリア機会、報酬と福利厚生、文化と価値、上級管理職、多様性と受容、ワーク・ライフ・バランスなどの主要な職場要因について評価するよう求められます。さらに、従業員には、自分の会社で働く最大の理由と、マイナス面について説明してもらうよう求めています。

Glassdoor の「Best Places to Work(働きがいのある会社)」受賞者は、2021年10月19日から2022年10月17日の間に米国に拠点を置く従業員が共有した企業レビューをもとに決定されました。1年間の対象期間中、大賞リストの対象となる雇用主は、グラスドアの9つの職場属性(企業全体の評価、キャリア機会、報酬と福利厚生、文化と価値、多様性と包括性、シニアマネジメント、ワーク・ライフ・バランス、友人への推薦、6カ月間の事業見通し)それぞれについて75以上の評価を得ている必要があります。最終的なリストは、Glassdoorの経済調査チームが中心となり、レビューの量、質、一貫性を考慮したGlassdoo独自のアルゴリズムで作成されます。

原文はこちらをご覧ください。
https://www.gainsight.com/press/release/gainsight-earns-1-spot-on-glassdoors-best-places-to-work-list-for-2023/

Gainsightについて
Gainsightは、カスタマーサクセス、製品体験、コミュニティエンゲージメントに焦点を当てた業界随一のカスタマー・サクセス・プラットフォームを提供し、あらゆる活動の中心にお客様を据えたヒューマン・ファーストの活動を可能にします。豊富なデータ分析により、リスクのある顧客を特定し、 課題を解決するための体系的なプロセスを構築し、さらに、データ・ドリブンのエンゲージメントにより顧客の成果を追跡、分析、自動化することで、企業の製品活用を高め、解約率を低減すると共に製品適用範囲の拡大により、企業のビジネス成長を加速します。GE Digital、SAP Concur、Boxなど多くの企業にGainsightを活用いただいています。
https://www.gainsight.co.jp/

Glassdoorについて
グラスドアは、職場の透明性を高めることで、世界中の人々が好きな仕事と会社を見つける方法に革命を起こしています。プロフェッショナルは、数百万社の雇用者の評価、レビュー、給与などを調べるためにグラスドアを利用し、職場の率直な会話をするためにグラスドアによるFishbowlを利用しています。 企業は、雇用主ブランディングと従業員インサイト製品を通じて、求人情報を掲載し、人材を引きつけるためにグラスドアを利用しています。グラスドアは、世界有数のテクノロジー企業であるリクルートホールディングスの子会社であり、急成長中のHRテクノロジー事業部の一部門です。詳細はこちらから。
www.glassdoor.com

※「Glassdoor」およびロゴは、Glassdoor, Inc.の所有権付き商標です。

関連するコンテンツ

  • メディア掲載
2023.12.25

週刊BCN | 新連載第1回目の外資系ベンダーとしてGainsightを特集!

Gainsightが週刊BCNの新連載「ITベンダーのGo To Market戦略」の第1回目に取り上げていただきました。日本のお客様に対してどのようにプロダクトのバリューをお届けするのか、弊社代表絹村からご説明させていただきました。今後の日本市場でのパートナーエコシステムなどに踏み込んで回答しています。

続きを読む
  • プレスリリース
2023.12.19

新日本法規出版、リーガルテック領域でDXを加速するカスタマーサクセスを目指しGainsight(ゲインサイト)を採用

世界シェアトップのカスタマーサクセスプラットフォーム​Gainsight(日本法人:東京都港区、代表取締役社長 絹村 悠​​)は、新日本法規出版株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:星謙一郎、以下「新日本法規出版」)がDXを加速し、持続的な事業成長を支えるカスタマーサクセスソリューションとしてGainsightを採用したことをお知らせします。新日本法規出版は、世界標準のカスタマーサクセスプロセスに必要な機能をパッケージ化した「Gainsight Essentials」とカスタマーサクセス立ち上げのためのオンボーディングプログラム「Accelerator」を利用することで、短期間での最適なカスタマーサクセスプロセスの構築を目指します。

続きを読む