プレスリリース

Gainsight(ゲインサイト)、『Forbes JAPAN』と共同で『Customer Success Award』を発表!第1回の受賞者は株式会社ユーザベース
〜カスタマーサクセスを企業の持続的成長のエンジンへと推進するメンバーに贈るアワードを実施〜

左:Gainsight株式会社 絹村悠、右:株式会社ユーザベース 西川翔陽氏

世界トップシェアのカスタマーサクセスプラットフォームを提供するGainsight(ゲインサイト、日本法人:東京都港区、代表取締役社長 絹村 悠)は、リンクタイズ株式会社(代表取締役CEO 兼 Forbes JAPAN Founder:高野真)が運営する『Forbes JAPAN』と共同で『Customer Success Award』を発表いたしました。

本賞は、Gainsight が支援する「カスタマーサクセス」で持続的成長が可能なビジネスを実現している企業に贈られるもので、第一回の受賞者として、株式会社ユーザベース  SPEEDA事業 執行役員 CCO(Chief Customer Officer)西川 翔陽氏を選出しました。

 

設立趣旨/経緯:

SaaS、サブスクリプションビジネスの台頭とともに、カスタマーサクセスという考え方が急速に広がっています。一方で取り組み方に根本的な問題があり、十分な成果が上がらない企業も少なくありません。そのような中で、「カスタマーを成功に導く」ために​​カスタマーサクセスの専門チームを設け、営業と分業、協業を図り、既存顧客との関係性を組織の資産とすることを目指すカスタマーサクセスこそが、企業にとって持続的成長のエンジンになると言っても過言ではありません。​​

『Forbes JAPAN』は、Gainsightと共同で「Customer Success Award」を発表し、カスタマーサクセスを企業の持続的成長のエンジンへと推進するメンバーに光を当てることで、日本でカスタマーサクセスの考え方を広げ、その実践ノウハウが共有されることを第一に考えております。

 

受賞理由:

・コロナ禍においてユーザー層が変化し、それにより、自社サービスの価値を顧客が実感するプロセスが変わる中、自社のバリューである「ユーザーの理想から始める」に基づき、お客様の成功を主軸とした全社的なカスタマーサクセス活動を展開

・新たなサービス価値を顧客へ提供することに成功するだけでなく、お客様と社内のハブとして、カスタマーサクセス組織を機能させ、顧客とともに自社成長を牽引

 

本アワードの授賞式は、『Forbes JAPAN』が主催する「Forbes JAPAN Special Gala Dinner」(12/13(火)開催 / クローズドイベント)内で行われ、Gainsight株式会社 代表取締役社長 絹村 悠氏から、株式会社ユーザベース SPEEDA事業 執行役員 CCO 西川 翔陽氏へ記念のトロフィーが贈られました。

 

■株式会社ユーザベース SPEEDA事業 執行役員 CCO 西川 翔陽氏のコメント

この度は『Customer Success Award』を授与いただき誠にありがとうございます。SPEEDAが創業期からもっとも大切にしていた「ユーザーの理想から始める」ということを体系化・組織化できたのは、「カスタマーサクセス」という考え方を知ったことが起点です。Gainsightと出逢い活用をすることで、さらに組織的に学習が進み、進化してまいりました。このような評価を頂けたことは弊社のチームの成果と、日々SPEEDAを愛して頂いているお客様のお陰で、大変光栄です。カスタマーサクセスに企業が向き合い続けることは簡単ではないと日々痛感しております。業務とパーパスとのアライン、ユーザーとの信頼構築、ユーザーが抱える課題の深い理解、日々の細かな業務の積み重ね、そして、部署を超えたチームワーク。こうした努力の積み重ねで、カスタマーの成功が1つ1つ積み重ねられます。「カスタマーサクセス」に向き合われる皆様の努力を大いにリスペクトするとともに、より多くのプロダクトにこの考え方が広がっていくことを願ってやみません。引き続き、お客様の成功から学び、より良い成功を広げられるプロダクトと組織にできるよう進化を続けてまいります。

 

■Gainsight株式会社 代表取締役社長 絹村 悠​​のコメント

「この度は、第1回​​『Customer Success Award』のご受賞おめでとうございます。ユーザベース様の7つのバリューにある「ユーザーの理想から始める」 に基づき、組織全体で常にお客様が求めることの実現から考えるカルチャーを体現しようという姿勢に大変感銘を受けました。特に、コロナ禍の影響でお客様がサービスに求めるものが変化し、また、サービスを提供開始した当初と異なる属性のお客様が生まれる中で、カスタマーサクセスチームが顧客と社内のメンバーをつないで いくハブのような役割を担い、変化するお客様と向き合ってお客様の成功を実現するお話が印象的でした。まさにGainsightが目指す顧客を中心とした持続的成長のモデルだと確信しました。このアワードをきっかけに、より多くの日本企業において、カスタマーサクセスを企業文化とし、顧客と一緒に成長するモデルが生まれることを期待しております。改めて私どもも、日本企業の皆様の新たなチャレンジに貢献してまいります。

■ Forbes JAPAN について(https://forbesjapan.com/

フォーブス ジャパンは『Forbes』の日本版として2014年6月に新創刊。グローバルな視点を持つ読者たちに向け、『Forbes』US版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。毎号ライフスタイル記事を同載し、読者へオンとオフの情報を発信しています。そのWeb版forbesjapan.comではForbes.comが日々配信する多彩な記事をキュレーション。本誌記事、専門性のあるオフィシャルコラムニストによるオリジナル記事と合わせ、読み応えのあるコンテンツを毎日配信しています。

■ Gainsightについて(https://www.gainsight.co.jp/

Gainsightは、カスタマーサクセス、製品体験、コミュニティエンゲージメントに焦点を当てた業界随一のカスタマー・サクセス・プラットフォームを提供し、あらゆる活動の中心にお客様を据えたヒューマン・ファーストの活動を可能にします。豊富なデータ分析により、リスクのある顧客を特定し、 課題を解決するための体系的なプロセスを構築し、さらに、データ・ドリブンのエンゲージメントにより顧客の成果を追跡、分析、自動化することで、企業の製品活用を高め、解約率を低減すると共に製品適用範囲の拡大により、企業のビジネス成長を加速します。GE Digital、SAP Concur、Boxなど多くの企業にGainsightを活用いただいています。

関連するコンテンツ

  • メディア掲載
2023.12.25

週刊BCN | 新連載第1回目の外資系ベンダーとしてGainsightを特集!

Gainsightが週刊BCNの新連載「ITベンダーのGo To Market戦略」の第1回目に取り上げていただきました。日本のお客様に対してどのようにプロダクトのバリューをお届けするのか、弊社代表絹村からご説明させていただきました。今後の日本市場でのパートナーエコシステムなどに踏み込んで回答しています。

続きを読む
  • プレスリリース
2023.12.19

新日本法規出版、リーガルテック領域でDXを加速するカスタマーサクセスを目指しGainsight(ゲインサイト)を採用

世界シェアトップのカスタマーサクセスプラットフォーム​Gainsight(日本法人:東京都港区、代表取締役社長 絹村 悠​​)は、新日本法規出版株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:星謙一郎、以下「新日本法規出版」)がDXを加速し、持続的な事業成長を支えるカスタマーサクセスソリューションとしてGainsightを採用したことをお知らせします。新日本法規出版は、世界標準のカスタマーサクセスプロセスに必要な機能をパッケージ化した「Gainsight Essentials」とカスタマーサクセス立ち上げのためのオンボーディングプログラム「Accelerator」を利用することで、短期間での最適なカスタマーサクセスプロセスの構築を目指します。

続きを読む